あおば税理士法人は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
中国税理士会所属

★お気軽にお問合せください。

 あおば税理士法人

 TEL:086-245-5110

 aoba@tkcnf.or.jp

事務所通信追伸

事務所通信追伸は、代表である平本が時事情報やその時感じていることをまとめたコラムです。
お客様企業や金融機関などへ事務所通信とともに毎月お送りしています。
事務所通信は、税法はもちろん、経営・人事労務などの最新情報をタイムリーに掲載している月刊誌です。                       ご購読をご希望の方は、事務所までご連絡ください。年間購読料3,000円(送料込み、消費税等別途)でお送りいたします。

2023年2月号

 

 城山三郎の「男子の本懐」を読みました。主人公は浜口雄幸おさちと井上準之助です。写真は国立国会図書館のサイトからのもので、上が浜口総理大臣、下が井上大蔵大臣です。二人は昭和初期に、金輸出の解禁すなわち金本位制への復帰に取り組みました。

第一次大戦下でやむを得ず金本位制を中止していた世界の主要国は、大戦の終結とともにこの異常な措置を解除しました。他方で日本は金解禁の好機を逸し、そのため円の為替相場が動揺し、慢性的な通貨不足に悩まされていました。この金解禁は歴代内閣の最重要課題だったのです。

ところが、これを実施するには前もって金準備を増やし、強力な緊縮財政により国内物価を引き下げる必要がありました。軍事費削減、行政改革、予想される不景気に反対する軍部、官僚、財界の強い反発が想定されました。にもかかわらず、国際競争力をつけ財政基盤を固めるため、激しい抵抗に臆することなく不退転の決意でこの難関に挑んだのが浜口と井上のコンビでした。

 二人は性格的には正反対でした。城山氏は「静の浜口、動の井上」と称しています。浜口は総理就任時の組閣で、特別親しくもなく政治的にも距離があった井上に大蔵大臣就任を請いました。意外に感じた井上も浜口の熱意に押され、金解禁に向けてタッグを組みます。二人とも人の好き嫌いを超越していたのです。

他方、二人に共通していたのは「強烈な左遷時代があった。」ということです。その不遇に二人とも腐らず、浜口は目前の塩業の再編という地味な仕事に粘り強く取り組み、井上は何もすることがないニューヨークでひたすら勉学に励みます。


 二人の並々ならぬ努力をここに要約するなど私には不可能ですが、読みながら「今の政治家と違い過ぎる。」と痛切に感じました。アベノミクス以来の積極財政と異常な金融緩和が、当時の状況と似ているように思えてなりません。国民に不人気であっても、腹を据えてやるべき事をやる政治家をわれわれは見出すことはできないのでしょうか。

 

 もう一つの二人の共通点は、二人とも最後は凶弾に倒れたということです。東京の青山墓地には二人の墓が並んで立っているそうです。一度墓参したいと思った次第です。


2023年1月号

 静岡県は全国一二のわさび生産量を誇り、世界農業遺産に認定されています。その中でも伊豆は有数の産地です。伊豆市内の山間部に10ヵ所以上あるわさび産地では300軒ほどがわさびを栽培しています。静岡にいる息子一家に会う前に家内と伊豆に行き、「わさびの大見屋」を訪ねました。こちらは代々のわさび農家で、16代目の現当主が加工販売店と石庭わさび園を併設しています。

 伊豆市のわさび田はほとんどが畳石式です。下層から上層に向けて大中小の石を順に積み上げ、表層部に砂を敷く複層構造です。伊豆は半島ながら山は深く、わさび田近くの天城峠は標高834㍍あり、最高峰の万三郎岳は1,406㍍あります。その天城連山が生む豊富な湧き水をかけ流すことで不純物のろ過や水温の安定、栄養分や酸素の供給を同時に行えます。実際に見たわさび田はとっても美しいものでした。


 大見屋ではわさび漬け手造り体験ができます。採れたてのわさびをみじん切りにして、酒粕に混ぜ込みました。帰宅後に食べた自分たち手造りのわさび漬けの味は格別でした。


 わさび漬け造りの後には、わさびの茎入りバニラアイスを食べました。その場でおろしたわさびを上に乗せてくれます。これが案外美味しかったです。ちなみに、あのタモリ氏は少し溶かしたアイスにわさびを混ぜ込んで食べるのが大好きだそうです。(これも試してみましたが、わさびをたくさん入れても美味しいです。)


 翌日には三島近くの「伊豆わさびミュージアム」へ行きました。以下はそこで仕入れた豆知識です。

 そもそもわさびは野生の植物で、その栽培に初めて成功したのは、静岡市の北方の有東木(うとうぎ)の村人でした。そのわさびを徳川家康に献上したところ、家康は「天下の珍味」と絶賛し、その葉が徳川家の家紋の葵に似ていたこともあって、栽培法などを領外に持ち出すことを禁止しました。その後の江戸時代中期、伊豆から有東木に椎茸栽培の技術指導に来ていた男がいました。伊豆への帰郷時に村の娘が、持ち出しが禁じられていたわさびの苗を、お礼としてひそかに男の弁当箱に入れました。それから伊豆でわさび栽培が始まったのです。私の想像ですが、娘はその男に恋心を抱いていたのではないでしょうか。辛いわさびに甘酸っぱい歴史があるのかもしれません。


2022年12月号

以前お話ししたように、4月から毎月1回(2日)関西学院大学の「税理士のための会計講座」に通いましたが、この10月で無事修了しました。今回はそこでの学びから……

 複式簿記は13世紀のイタリアで始まりました。当時の帳簿が博物館にあり、その写真を見ると、表紙に(英語にすれば)「In Name of the GOD」(神の名の下に)と書かれています。

当時は、記帳を始める前にその帳簿を教会に持参し、「この帳簿に真実を記載することを神に誓います。」と宣誓し、牧師がその帳簿に証明印を押したそうです。

記帳とはそれほどに神聖な(まじめなダジャレながら真正な)ものだったのです。今年から皆様方には、電子帳簿保存法による電子データの電子保存をご指導申し上げています。来年10月からは消費税の日本型インボイス制度がスタートします。もしも、ご面倒と感じられたら、「昔のイタリア人は『神の名の下に』とやったんだ。」と思い出していただければ幸いです。


 そもそもの帳簿の起源には、証拠力の確保や円滑な事業承継がありました。売買の一つ一つの取引を記録することによってその証拠力を確保し、自分が請求したお金の回収と、他の商人からの過大な請求を防止したりしたのです。また、自分が亡き後の家族や子孫に「誰から仕入れ、誰に売っていたか」を伝えることによって、商売が円滑に続くようにしたのです。

 複式簿記と言いますが、経済取引をするとお金が二つ動くから「複式」とあるのです。掛けの売上が起きると、売上高が発生し売掛金という債権が増えます。売掛金を現金で回収すれば、売掛金が減って現金が増えます。その現金を銀行に預けると、現金が減って預金が増えます。ですから「複式」の「式」に人工的な意味はなく、自然現象を捉えているのが本当なのです。「複式」という言葉が難しいという印象を与えすぎているような気が私はしています。

 自然現象の記録なので、江戸時代の日本にも複式簿記はありました。特に近江(今の滋賀県)では盛んに用いられていました。イタリアでも近江でも、記帳していた商人が記帳していなかった商人より、長年にわたり繁栄した事実があります。近江商人という言葉はあっても、残念ながら備前商人という言葉が残っていないのは、帳簿の差なのかもしれません。ちなみに、近江商人にルーツを持つ企業としては、髙島屋、西武グループ、伊藤忠商事、丸紅、ヤンマー、東洋紡、日本生命、武田薬品工業などがあります。


私どものスタッフが、日々の正確な記帳をお願いしているのも、皆様方の経営が継続し、発展されることを祈念しているからこそです。


2022年11月号

円安が進んでいます。一橋大学の野口悠紀雄名誉教授は「自国の通貨が安くなることが、国にとって利益であるはずがありません。」(2022.10.02 朝日新聞)と話し、アベノミクスのもとで進んできたこれまでの円安を「麻薬」とまで言い切っています。

目の前のことを考えても、輸入品の価格上昇による物価高につながるので、皆さまの企業経営や家計に及ぼす悪影響を私は心配しています。民間企業に低金利はありがたいですが、仕入価格の上昇の方がお客様企業には厳しいのではないかと私は思量します。

政府は円買い介入を実施しましたが、円買いには外貨準備高までという限界があります。また、日銀が国債を買いながら財務省が円を買う介入をするのは、日銀が市場に円を供給しながら財務省が市場から円を吸い上げるということです。矛盾しています。

  私は2022.8.19の日経新聞「通貨の番人がミスター円安では…」がとても気になりました。以下は散文的な引用で、( )内は私のコメントです。


  「金利をちょこっと上げたら、円安が止まるとは到底考えられない。」と円安を放置する。そんな黒田総裁の姿勢が円安を加速させた。(これは9月末現在まで続いています。)

 大量の国債購入で、日銀が国債の過半を保有する異常事態である。日銀の財政ファイナンスが財政規律を緩ませる大きな要因になっている。

 「日銀は政府の子会社」と安倍元首相に言われても反論できない。(鈴木財務相はこれを否定し、「永続的に日銀が国債を買い入れる前提に立った財政運営は適切とは考えていない。」とも話しました。)民主国家の基本である中央銀行の独立性はどこに行ったか。(日銀は日本政策金融公庫のような政府系金融機関ではないはずです。)

 物価の番人である中央銀行総裁が「ミスター円安」では日本の悲劇は続く。


 記事の引用を終わります。国内景気が良くならないから低金利政策続行ということですが、経済対策は「子会社」ではなく「親会社」の政府がすべきことです。それも小手先の対策ではなく、日本経済の基礎体力を上げる政策が強く望まれます。

 なお、よく言われる「黒田総裁の任期中は金融緩和が続く。」という表現には、私は違和感を覚えます。金融政策は日本経済の動向に即して決定されるべきです。一総裁の任期満了というタイミングと金融政策変更のタイミングはまったく関係ありません。黒田総裁のプライドが私たち国民の生活にマイナスになるようなことはあってはならないです。



2022年10月号

宮城の女川で東日本大震災に被災し大変な苦労をした友人を、私は5年前に亡くしました。そのことを2017年の10月号の追伸に書きました。

そんな私にとって、夏の高校野球選手権で仙台育英高校が東北勢発の優勝を成し遂げたことは、言葉に表せないくらい嬉しかったです。「あいつが生きていたら喜んだだろうな。」と切に思います。

 いろんな所で言われていますが、須江航(わたる)監督の優勝インタビューは素晴らしかったです。開口一番「宮城の皆さん、東北の皆さん、おめでとうございます!」でした。「ありがとうございます。」でもいいのですが、自分たちのことより真っ先に周囲の人、宮城の人、東北の人です。

 次に「百年開かなかった扉が開いたので、多くの人の顔が浮かびました。」です。ここでも須江監督の思いは他者にあるのです。この言葉を聞いて私は、まず亡くなった友人の顔、その次に1995年まで仙台育英を率い強豪校にした竹田元監督の姿を思い出しました。「優勝旗の白河の関越え」を誰よりも熱望した人ではなかったかと思います。


 強力な投手陣5人を擁しての優勝だったとの問いかけには、「みんなでつないできて、つないできて、最後に投げた高橋も、今日投げなかった3人のピッチャーも、スタンドにいる控えのピッチャーも、みんながつないだ継投だと思います。」と話しました。スタンドで応援していた控えの投手達は涙が止まらなかっただろうと想像します。

須江監督の思いは球児だけに止まりません。コロナ禍で入学式、運動会、修学旅行、卒業式などなどに制限がかかっていることについて「青春って、すごく密なので」と思いやり、そんな制限で「どこかでいつも止まってしまうかもしれない苦しい中で、でも本当に諦めないでやってくれたこと、でもそれをさせてくれたのは僕たちだけじゃなくて、全国の高校生のみんなが本当によくやってくれて……」とたたえました。

最後には下関国際や大阪桐蔭の名前をあげ、続けて「本当にすべての高校生の努力のたまものが、ただただ最後、僕たちがここに立ったと言うだけなので、ぜひ全国の高校生に拍手してもらえたらなと思います。」と締めくくりました。全国の高校球児が涙したのではないでしょうか。


コロナ禍でますます実感しづらくなってはいますが、いろんな人との関わりの中で私たちは生きていることを深く再認識させてくれました。



2022年9月号

 今月号に「続く原材料価格の高騰!どうする値上げ・価格の見直し」とあります。お考えの際には、FX2シリーズの限界利益を確認していただきたいです。参考にならない場合もあるかもしれませんが、何らかのヒントがあるのではないかと思っています。

 さて、私と同じTKC会員で、渡辺忠という熱血漢の税理士が埼玉にいます。その彼が講演で「渡辺家の家訓に『一日一回空を見ろ。』というのがあります。」と話したことを、10年以上たった今でも覚えています。彼はその家訓を「目先のことに追われず、心に余裕を持たせることが大切」という趣旨で話していたと記憶しています。

この話が自分の心中に残ったので、私はほぼ毎日一回は空を眺めています。決して彼への義理立てではなく、やってみると何となく気持ちが落ち着くので、今では習慣になってしまいました。

また、ウチの事務所のOGが在職中の日報に「空は一番身近な大自然だと思います。」と書いてくれたことがあります。北海道に行こうが、アラスカに行こうが、確かに空が一番の大自然です。ただし、宇宙を感じられる星空は別格です。

そして、いつだったかの新聞で記者が「四季の中で夏の空が一番美しい。」と書いていました。よく愛でられるのは秋の空ですが、確かに夏の空の方がきれいだと私も思います。ちなみに、この駄文を書いている合間に、事務所の窓から撮ったのが上の写真です。

 

夏空を眺めていて、思い出しました。私の両親は共働きだったので、子どもの頃の夏休みには父母の実家によく預けられていました。父の実家は松江市内にあり、すぐ目の前にある松江城の石垣に登ったり、蝉取りをして遊んでいました。しかし、より長くいたのは島根半島の漁村にある母の実家の方です。母は9人の兄弟姉妹だったので、村におじおばやいとこが多くいたこともありますが、海水のきれいな日本海で毎日でも泳げるのが一番の魅力でした。

泳ぐだけでなく、砂浜や磯でも遊びました。遊び疲れると仰向けになって海にプカプカ浮かび、海水を介して蝉の声を聞きつつ、青い青い空をぼうっと眺めていました。だから、夏空が好きなのかもしれません。子どもの頃の記憶は長く残るような気がします。

孫が小学生位になったら、きれいな海で一緒にプカプカ浮かびたいと思っています。



2022年8月号

 TKCの研修にて、中央大学法科大学院教授で森・濱田松本法律事務所の弁護士でもある野村修也氏(某テレビ番組でコメンテーターも……)の講演を聴きました。

 言うまでもなくSDGs(持続可能な開発目標)は、20159月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。


はSDGsを環境や文明を守るための義務ととらえ、企業経営にとっては社会的費用だと考えていました。

しかし、野村氏によると真逆です。SDGsはビジネスの新たな大市場です。


このことを最初に指摘したのが、「競争の戦略」で高名なマイケル・E・ポーター教授とマーク・R・クラマー氏です。収益性が高く環境などの社会的課題への貢献度が低い領域がこれまでの既存の市場、収益性が低く社会的課題への貢献度が高い領域にあるのが慈善事業です。この二つの領域しかないと私は思っていました。ところが、2011年に両氏は「収益性が高く社会的課題への貢献度も高い領域がある。」と論文で提唱し、その価値観を「共通価値(Creating Sheared Value)と呼びました。言うなれば、社会のニーズや問題に取り組むことで、社会的価値を創造し、同時に経済的価値を創造するというアプローチです。

ESG投資という考え方もずいぶん広まっています。これは2006年に国連のアナン事務総長が機関投資家に提唱した責任投資原則で、従来の財務情報だけでなく、環境()と社会()と企業統治()も考慮して投資を行うというものです。

たとえば、子ども食堂は子どもの貧困と食品ロスという二つの社会的課題の解消に取り組んでいますが、ESG投資を受けて、海外の極貧層を救い、しかも収益を上げることが可能になるかもしれません。


SDGsは義務ではなく機会です。野村氏は「コロナ禍で更に進む人口減少、巨額の財政赤字、子どもの貧困など多くの社会的課題を抱える日本において、社会的課題の解決がビジネスを生むことを中小企業経営者にも知ってほしい。」と結ばれました。われわれ中小企業は微力ですが、決して無力ではありません。



2022年7月号

TKC会員を対象にした「税理士のための会計講座」が関西学院大学にあります。大学では会計学を専攻し、職業会計人になって35年ですが、現代の会計学を学び直したくて4月から10月まで毎月1回、金曜日と土曜日の各5時間の授業を受けています。

とっても新鮮な気分ですが、毎回のレポートを書くのに(ダジャレながら)汗をかいています。授業の後は頭の中がパンパンになるので、翌日以降にレポートを書こうと思っても書ける気がしません。ですから、金曜日の晩はビジネスホテルで、土曜日の夕方は駅のホームと列車の中でパソコンに駄文を打ち込んでいます。しかし、苦心しつつ楽しくもあり、書き終えた後のビールの味は格別です。


5月には会計とやや離れ「金融システムの動向」というテーマで、寺地孝之教授の授業を受けました。大学教授の枠からはみ出て、複数の会社の社外役員もされていて、経済のダイナミズムをいきいきとお話し下さいました。

寺地教授が一番強調されていたのは、「歴史を学び、大局観で将来を洞察し、変化を読み取る。そして自己変革をする。」ということです。

歴史観、大局観の事例として取り上げられたのが、2021331日の日本経済新聞「パクスなき世界」です。その記事ではまず、1919年のスペイン風邪の大流行、1929年からの世界大恐慌後に格差拡大と新興国の台頭があり、それが1939年からの第二次世界大戦につながったという歴史を振り返っていました。次に、その当時と2021年の状況が酷似していることを示し、以下のように危機の予兆を暗示していました。

 「歴史はしばしば韻を踏む。コロナ禍は人々に危機を実感させ、歴史的にみて不安定な時期に足を踏み入れたと多くの人が自覚するようになった。分断の力学が強まる世界で、新たな秩序を見いだすことは困難な作業だが、すべては足元に表れた危機の予兆を直視することから始まる。現代に生きる私たちは、歴史という舞台の観客ではない。」    


この記事は私も読んだ記憶がありましたが、寺地教授のお話を聴いて、自分の未熟さにハッとしました。知識があっても、それを現実世界に活かさなければ何にもなりません。ウクライナが平和になるよう祈るばかりです。


2022年6月号

 私どもの事務所全員で「私たちの仕事(に求められるもの)って何ですか?」というテーマのカードワークをしたことを先月号でご紹介しました。これには続きがあります。その時の成果物である模造紙のまとめからスタッフの採用基準を決めて、採用面接に使ったのです。

 一次面接を私と総務の白鳥が、二次面接を社員税理士の末道と巡回監査士のスタッフ1名がしたでのすが、目のつけどころ(基準)を揃えるためのものです。これもカードワークと同じく、事務所内の全員にアンケートをして、具体的には右のような「採用評価シート」なるもの作りました。

これ自体は簡単なものですが、この上には全員が各評価項目について具体的に何を重視するかを列記してあります。ですから、自分以外の人が例えば「主体性」をどう捉えているかが事前に認識できます。「共通の評価尺度を共有する」に近づける努力をしているのです。

 

このような採用基準であおば税理士法人に入社してくれたのが大天(だいてん)さんです。4月の中旬から早くも電話に出ています。今後ともよろしくお願いいたします。

あおば税理士法人

代表社員 平本久雄

 はじめまして、今年4月に入社した大天 理央奈(だいてん りおな)と申します。珍しい名字なので、「どこの出身なの?」とよく聞かれるのですが、生まれも育ちも岡山です。趣味は旅行で、美味しい食べ物を求めて散策するのが好きです。新型コロナの影響で今は難しいですが、もし可能ならば北海道に行って海鮮丼を堪能したいです。

 大学時代は経済学部で、会計学を中心に学んでいました。会計の知識を活かせる仕事で、慣れ親しんだ地元に貢献していきたいという思いから、ご縁もありあおば税理士法人の一員として働くこととなりました。仕事を始めて2週間近く経ちましたが、なにもかもが初めてで、分からないことばかりです。そんな社会人生活を送っていますが、現時点の自分に出来ることが何かしらの形で、お客様、ひいては地域社会の役に立っているのかなと思うと、日々の励みになります。慣れないことが多く不安を感じつつも、新しいことを知っていくのはやはり楽しいです。一つ一つの学びを大切にして、着実に成長していきたいと思います。


まだまだ未熟者ですが、これからどうぞよろしくお願い致します。

あおば税理士法人

大天 理央奈


2022年5月号

 あおば税理士法人では、時に応じて全員の共通認識を明確にする目的で「カードワーク」なるものをやっています。

 昨年4月には今春の新卒採用を決めました。するとスタッフが「採用基準を作るためのカードワークをしましょう。」と提案してくれました。そこで月一回の会議内で時間を作り、「私たちの仕事(に求められるもの)って何ですか?」というテーマでカードワークをすることにしました。


まず、各人が小さなラベル12枚程度に言葉を書きます。全員が書けたら、順番に説明しながら一枚ずつ大きな模造紙の上に置いていきます。その際、人の意見を否定しないのがルールです。関連するラベルは、取りあえずまとめて置くようにします。

こうして全員のラベルが出そろったら、本当のまとめをします。小分類、中分類、大分類と階層別にまとめて並べますが、各々のまとまりにはまとめる言葉をつけます。否定しないルールなので様々な意見があり、まとめるのは難しいです。しかし、まとめないと日々の業務で使えるものにならないので、まとめはとても大切です。みんなで一緒に考えます。(ただし、私はあまり口を挟まないです。)


 こうして完成品を見てみると、自分たちの仕事の本質をみんなで共感を持って共通認識することができます。このカードワークをするようになってから、事務所の雰囲気もとても良くなりました。


2022年4月号

日本の陽春とは裏腹なウクライナでの戦火を心から憂えています。ウクライナの人達に死も、死んだ方がましだと思うほどの苦痛も訪れないことを切に切に願っています。

 さて、福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長は、巨人で長嶋茂雄と主軸をになった野球界のレジェンドです。(私は王選手の方が好きでした。)一本足打法で量産した通算868本もの本塁打数は米国のメジャー記録をも上回ります。今でもまさに「世界の王」です。


その氏へのインタビューが、225日の日経新聞に載っていました。超一流選手にもあったスランプへの対処法を訊かれての王氏の答えは……


「人生は円です。『えん』つまり『まる』。悪いときは円の一番下なのだと考えます。円は時計のようにぐるぐる回っていて、下にいたら、後は上がるだけ。悪い時こそヒントが見つかります。やり残したこと、見過ごしたことがないかと考えていると、一丁これやってみよう、とか。もがいて、もがいて、もがかなきゃ」

これを読んで私が思い出したのは、鎌倉円覚寺の横田南嶺管長が、若い頃の様々な苦労の中で思い起こした、師からもらった言葉です。

 「苦しい時は、今幸せの種を蒔いていると思うが好い。その種はやがて芽を出す。たとえすぐ稔らなくても、私の人生これでよかった。そんな思いを残してくれる。」(横田南嶺著「自分を創る禅の教え」より)

私は東日本大震災後のTKC全国役員大会で、横田老師のお話を聴く幸運に恵まれました。私の文章力では伝わりにくいとは思いますが、そのお話は説教じみたとことが微塵もなく、お言葉が穏やかな空気のようにすっと体に入ってきたのです。とても希有なお坊様です。



2022年3月号

近年「子どもや若者がキレやすくなった。」とよく言われます。また、スマホをよく使う子どもの方がキレやすいとも言われます。それは、ネットやゲームの世界では結果をすぐに手にすることができるからだそうです。

4歳児にマシュマロという報酬をもらう体験をさせます。今すぐほしいのであれば1個だけしかもらえません。しかし、15分待てば2個もらうことができます。どちらにするか、それを子どもたちに選ばせるのです。これは子どもの自制心を測る実験なのですが、長い年月をかけてその子どもたちのその後の人生を観察した結果、15分待てる子の方が人生でより多くの成功(幸福)を手にしていることが分かりました。自制心は人生にとって重要なものだったのです。

ところが、スマホはこの自制心をむしばみます。ほどよく使うことが肝要です。

そもそも近時は、我慢も忍耐も辛抱も言われることが少なくなりました。けれども、人が人であるためのアイデンティティー(自己同一性 identity)には欠かせない要素の一つだと私は思っています。

 さて、地元の岡山ではあるのが当たり前の後楽園ですが、江戸時代は「御後園」という名称で、それが明治4年に「後楽園」と改められました。それは「先憂後楽」という言葉に由来します。

先憂後楽には「常に民に先立って国のことを心配し、民が楽しんだ後に自分が楽しむ。」という為政者の戒めの意味もありますが、文字通り「先に苦労したり      

心配事をなくしたりしておけば、後で楽ができる。」という意味もあります。

 立春とはいえまだまだ寒く、コロナ禍の息苦しい日が続きます。けれども、暖かくなってコロナ禍も収まり、スマホを忘れ、後楽園で自然の美しさと「先憂後楽」の意味を味わえる日を楽しみにしています。   (岡山後楽園提供 初夏の延養亭特別公開)

(ちなみに、後楽園はミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの三つ星を取得しています。)